2.通信販売を詳しく知ろう

所謂通信販売と訪問販売は、一見なんとなく同じようにも見えますが、実はこの両者には大きな違いが有ります。
それは、訪問販売の場合で規定されている所謂クーリングオフ制度が、通信販売では適用されない、ということです。このクーリングオフとは皆さんもよく御存知かと思います。ここでこのクーリングオフについてごく簡単に説明すると、クーリングオフとは消費者が訪問販売等で購入した商品を、その契約から8日以内でしたら無条件で解約できる、という制度です。このクーリングオフ制度に関しては、日本でも知名度が高いと言えます。ですがよく勘違いしている人もいるのですが、通信販売の場合でしたら、訪問販売と違ってこのクーリングオフ制度は適用されないのです。ここのところが消費者にはよく勘違いをされているようです。皆さんももし通信販売を利用して商品を購入するのなら、この点は是非とも知っておきたいところです。ですが通信販売業者によっては、たとえ商品が購入者の下に到着した後でも返品を受け付けている場合も有ります。従ってこういった内容に関しては、商品を購入する前に商品の返品に関する文言をよく理解しておくことが望ましいです。いずれにせよ、通信販売を利用する際には、契約の内容によく目を通してからにしましょう。それが通信販売を正しく、そして安全に利用する為に重要なことです。
またもし通信販売で商品を購入し、その商品支払いを翌月一回払い以外(即ち二回以上の分割払い及びボーナス一括払い)にした場合には、割賦販売法という法律の適用を受けることになっています。このように通信販売の商品代金支払いに関しては、色々と規定が有るのですが、何れにせよ通信販売に関するトラブルに巻き込まれないようにする為に、商品の返品、及び商品代金の支払い等については、それらに関連する法律や決まり、或いは通信販売に関する知識等を知っておく事が望ましいと思われます。そうすることによって勿論万が一のトラブルを防ぎ、それによって生じる損害を少なくすることにも繋がりますし、尚且つそうすることで皆さん自身が安全で楽しく通信販売を利用できるかと思います。

折角の通信販売です。通信販売で買い物をすること自体は、本来は非常に楽しいことです。従ってこれを現在御覧の皆さんも、通信販売のルールや決まり、及びそれに関係する知識等をよく知った上で、楽しく、そして尚且つ安全に通信販売を利用するようにしてください。