3.これだけは知っておこう通信販売1

皆さんは通信販売に興味をお持ちでしょうか。よく通信販売を利用されていますか。そしてまた、実際にこの通信販売で皆さんは商品を購入したり、或いは通信販売で何らかのサービスを利用したことが有りますか。
もしかしたら皆さんも現在こうして通信販売をよく利用し、言い換えれば通信販売のお世話になっているかもしれません。もっとも世の中に存在する商売は、通信販売だけではありません。現在は通信販売の他にも、様々な商品の販売形態、及び商品の購入の方法が有ります。勿論ここで取り上げる通信販売も、現在は私達の社会にすっかり定着していて、そして私達の間でお馴染みになっていると言えます。皆さんは現在の通信販売に対しておどのようなお考えをお持ちでしょうか。
勿論現在これを御覧の皆さんの中にも、この通信販売を実際に利用されたことが有って、そして通信販売で買い物をすることを楽しみにしている、或いは通信販売のことならよく知っている、という方も少なくないかと思います。ここではそんな通信販売の話に焦点を当てて紹介していきます。皆さんにもこの際ですからこれを御覧になって、そして是非とも私達の身の回りに通信販売に対して理解を深めていただきたい、と思います。そうすることで通信販売の新しい一面が見えてくるのではないか、と思います。皆さんの知らなかった通信販売の世界について紹介します。
ところで通信販売に関しては、法律等でいろいろと細かい決まりが定められているのを皆さんは御存知でしょうか。通信販売も多額の金額が動く商売です。きちんとしたルールがなければトラブルの原因になりかねません。従って通信販売に関しては、通信販売に関連する法律、或いは決まり等がいろいろとあって、そうして通信販売の業界の規範が定められているのです。言い換えればこうした法律や決まり等によって、通信販売を利用する私達消費者の権益が守られている、とも言えます。ここではそんな通信販売に関する法律や決まりの、その一部を紹介することにします。
現在日本には通信販売を行なっている業者がたくさん有ります。そしてそれらの通信販売業者は、広告や宣伝を行なって、通信販売を展開しています。通信販売の広告や宣伝で消費者をひきつけて、通信販売の販路を拡大しようとしています。もっとも通信販売の場合は店舗型の商売ではないのですから、必ずそうした媒体を利用しなければなりません。ところでそのように通信販売業者が媒体を使って通信販売を行なう場合、必ず消費者に対して表示しなくてはならない情報、いわば通信販売における必要表示事項と呼ばれる物が有ります。通信販売業者は必ずこれらの情報を明示しなければなりません。まずはこうした内容について紹介していくことにします。

通信販売業者が表示しなければならない情報、そのまず最初の挙げられるのが通信販売で扱う商品の販売価格(役務の対価とも言います。)です。これは簡単に言えば商品の価格です。通信販売の場合に限らず、商取引において商品の価格は極めて重要な情報です。私達消費者はどんな形態で買い物をするにせよ、必ずまずは求めようとする商品やサービスの価格を見てから、その商品、サービスを最終的に購入するかどうか決めるわけです。簡単に言えば高ければ買いませんし、安ければ買います。また高くても自分にとって望ましい商品でしたら買いますし、逆に安くても自分の求めるレベルに達していなかったら買いません。いずれにせよ消費者がある商品を購入するかどうか決定する際、価格は極めて重要な要素になっています。従って通信販売のケースでも、その商品の販売価格の表示は絶対に必要です。その他の商取引でもそうなのですから、通信販売では尚更のことです。

recommend